ジョージ・ミラー監督作「マッドマックス」("Mad Max" : 1979)[BD]

荒廃した世界に跋扈する暴走族グループと、警察組織の戦いを描くアクション作品。

荒廃した世界、巷では暴走族による凶悪事件が多発し、警察組織MFPが対処に追われていた。ある時、暴走族の1人で警官殺しのナイトライダーが、MFPの特別追跡車を奪って逃走する。MFPの警官達が追跡するが、ナイトライダーはそれを振り切る。同僚から応援の要請を受けたマックスは、インターセプターで急行し、ナイトライダーを猛追する。追い詰められたナイトライダーは事故死する。

マックスの妻ジェシーは、マックスの危険な任務を快く思っておらず、マックスもジェシーの気持ちを察する。そんなマックスをMFPに引き留めるべく、MFP隊長のフィフは、V8エンジンを搭載した特別追跡車をマックスに支給する。フィフはナイトライダーの仲間の暴走族が、復讐すべく狙っているとマックスに告げる。

ナイトライダーの仲間のトゥーカッター率いる暴走族グループが、あるカップルの車を追跡した挙句、破壊する事件を起こす。一報を聞きつけたマックスと同僚のジムが現場に急行すると、大破した車に鎖で繋がれ負傷した女と、ラリった暴走族グループの1人ジョニーを見つける。ジョニーはナイトライダーの名をしきりに口にする。マックスとジムは女を救出すると、ジョニーを逮捕し、本部に連行する。ジョニーが現場から戻らない事を危惧したトゥーカッターは、手下のババにジョニーを連れ戻すように命じる。

逮捕したジョニーの罪を裏付ける証人が現れず、不起訴処分となると、ジムは激昂し、釈放されたジョニーに殴りかかり、マックスに制止される。ジョニーは復讐を仄めかし、ババと共にトゥーカッターの元へ戻る。

後日、ジムのバイクがジョニーにより密かに細工を施され、それが原因でジムは自損事故を起こす。ジョニーは知人の手配したトラックに故障したバイクを乗せ、引き返そうとするが、その途中、ジョニーの襲撃に遭い、トラックは横転する。ジョニーはトゥーカッターに唆され、ジムもろともトラックを炎上させる。ジムは病院に搬送されるが、程なくして死亡し、駆け付けたマックスは打ちひしがれる。

同僚であり、親友でもあるジムを失ったマックスは途方に暮れ、フィフに辞職を願い出る。フィフはマックスを慰留するが、マックスは走るのが楽しくなってきた事を危惧し、これ以上続けたら暴走族と同じだと打ち明ける。フィフはしばらく休暇を取り、よく考える様にマックスに告げる。

マックスはジェシーと幼子スプロッグを連れ、車で旅に出る。道中、ジェシーがトゥーカッター達に遭遇し、絡まれるが、隙を見て逃げ出す。その後、マックス達は知人メイの農場に到着する。マックスが車の修理を行っている間、ジェシーは1人でビーチに訪れる。その帰り道、ジェシーは森の中で暴走族に追われる。マックスはジェシーの無事を確認すると、猟銃を携え、森に向かうが、2人が目を離した隙に、トゥーカッター達にスプロッグがさらわれる。メイが猟銃で威嚇し、スプロッグを取り返すと、3人で車に乗り込み、農場から逃走する。それを暴走族が猛追する。途中で車がエンストした為、ジェシーはスプロッグを抱き、走って逃げるが、暴走族に親子もろとも轢かれる。マックスが駆けつけ、2人は救急搬送されるものの、ジェシーは重傷を負い、スプロッグは死亡する。

マックスはトゥーカッター達に復讐すべく、本部から特別追跡車を持ち出し、暴走族を追い詰め、始末していく。その過程で、マックスはトゥーカッターとババの罠にかかり、銃撃に遭い、負傷する。マックスはババに銃で反撃して殺すと、トゥーカッターを追い込み、トラックに追突死させ殺す。彷徨った後、ジョニーを発見したマックスは、焼死か腕を切断して助かるかの選択肢を与え、その場を去る。

 

 

今月から最新作が公開されている「マッドマックス」シリーズの第一作目。36年も前の作品なのだが、新作公開に合わせてか、BDのレンタルが開始されたので、この度初めて観てみる事に。当時の近未来社会を描いているワケだが、現代に照らすと、どうしても古臭さは否めない。まぁ仕方ないよね、僕と同じアラホーなんだから。どこか北斗の拳に通じる様な頽廃的な世界で、アウトロー共とそれを取り締まる警察組織が、身を賭してカーチェイスで戦う、至ってシンプルなハナシ。最新作のトレーラーを見た限りでは、この一作目と同じシリーズとは思えないほど進化を遂げている様だが、果たして面白いのかしら。とりあえず二作目、三作目を観て、予習しておいて、レンタル開始を気長に待つかね。

f:id:horohhoo:20150625180405j:plain

f:id:horohhoo:20150625180408j:plain

f:id:horohhoo:20150625180411j:plain

f:id:horohhoo:20150625180414j:plain

f:id:horohhoo:20150625180417j:plain

f:id:horohhoo:20150625180419j:plain

f:id:horohhoo:20150625180423j:plain

f:id:horohhoo:20150625180427j:plain